日本の未婚率や離婚率の上昇を近年の特殊な状態だと勘違いされている方が多いようですが、むしろ逆で、明治末期から大正・昭和にかけての「皆婚と非離婚」のほうが異常値だったと言えます。


もともと日本人は未婚も離婚も多い人々でした。江戸時代から明治初期にかけての離婚率に関して言えば、当時の世界一だったかもしれません。現代の離婚率世界一はロシアの4.5(人口1000人当たりの離婚者数、2012年)ですが、江戸時代はそれを超える4.8だったといわれています(2006年参議院調査局第三特別調査室「歴史的に見た日本の人口と家族」より)。江戸期の離婚率の高さについてはこちらの記事(「夫婦は一生添うべし」が当然ではない理由)を参照ください。


未婚についても同様です。先日、歴史人口学者の鬼頭宏先生と対談させていただいたのですが、17世紀くらいまでは日本の農村地域でさえ未婚が多かったそうです。

結婚して子孫を残すというのはどちらかいえば身分や階層の高い者に限られていて、本家ではない傍系の親族や使用人などの隷属農民たちは生涯未婚で過ごした人が多かったのだとか。たとえば、1675年の信濃国湯舟沢村の記録によれば、男の未婚率は全体で46%であるのに対して、傍系親族は62%、隷属農民は67%が未婚でした。


https://toyokeizai.net/articles/-/214690
7452196358.jpg

画像のグラフ見ると一目瞭然ですが、江戸時代は超男余り時代だったんですね。
参勤交代で他藩の人間が単身赴任したり、地方から出稼ぎに来た農家の次男や三男が江戸に集結したからで、
これらの独身男性をターゲットにしたビジネスが今の時代にもつづくエンターテイメント文化や外食産業を生み出した。
独身男性であふれていた江戸だからこそ、最も栄えたのが食産業で、
握りずしは今でいうファストフードとして生まれたものだし、居酒屋なんかも江戸時代にポピュラーになった。
当時長屋に住む独身男たちは、自炊こそあまりしませんでしたが、家で米だけは炊いていたようです。
何も米だけを食べていたわけではありません。
おかずとなる総菜は「棒手振り(ぼてふり)」という行商が売りに来てくれたため、料理の必要性がなかったのです。
今風に言えば、デリバリー型フードサービスが充実していたわけです。
おそらくは世界でも最も多様で進化した食文化だった思います。
食文化だけじゃない。相撲や歌舞伎といったエンターテイメントも江戸時代に開花した。
江戸時代というと鎖国はしてるし、被差別階級もあって、どこか閉鎖的イメージですが、
市井の人々はお天道様が上ってる時間帯(休憩時間がとても長いから実勤4,5時間)だけせっせと働いて、
おにぎり大の握りすしをほうばり、大衆演劇楽しんで、さっさと寝て、
今よりはずっとストレスのない健全な社会だったのかもしれないね。




記事が面白かったら応援クリックお願いします(^^)
為替・FXランキング

デイトレ配信とトレードの個別指導希望ならこちらのブログでご案内しております



金融・投資ランキング

株式ランキング

為替・FXランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報(アフィリなし)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト