FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちょっくら長野いってきました
2018/04/17(Tue)
20180415_131010.jpg
週末は長野県に小旅行してきました。
20180415_130922.jpg
新幹線で名古屋まで行って、特急しなので長野へ・・・・トータルで4時間です。
沖縄や北海道より“遠い”ですw
てか、特急しなのは左右に揺れて酔いますね(><)
ここからローカルに乗り換えですが、駅構内に日本酒バルを見つけて小休止。
普段は昼間に絶対に飲みませんが、旅先だと美味しさも倍増です(^^)
長野のソウルフード「おやき」をあてに、つい飲みすぎましたw
20180415_132524.jpg
20180415_132418.jpg
長野電鉄は古きよき昭和の時代の匂いがしますね。
もちろん駅員さんによる有人改札で、改札のそばでは地元食材を売ってました。
お会計は改札ですw
駅員さんは切符切りながら、そばや野沢菜も売っておりますw
20180415_140411.jpg
20180415_140430.jpg
ゴトゴト・・・30分で宿泊地です。
20180415_144259.jpg
小布施といえば葛飾北斎と栗が有名ですが、酒蔵もあります。
昔、飲食店も経営していたときにこちらからも日本酒を仕入れてました。
懐かしい・・・日本で数少ない木桶仕込みをしてる酒蔵なんです。
酒を仕込み貯蔵する木桶は、戦後の高度成長期の昭和20~30年代にはホーローや合成樹脂の金属製のタンクにとって代わられ、木桶による仕込みは非常に珍しくなりました。
桝一市村酒造場では、2000年に木桶仕込みを50年ぶりに復活しましたが、
それだけでは桶屋さんの仕事が継続できないので、全国の造り酒屋に木桶仕込みの復活を働きかけ、
今では30以上の蔵で復活するようになったそうです。
欧米人初となる女性利き酒師であったセーラ・マリ・カミングスの功績は大きいね。
小布施の町おこしの立役者で、地元民が気づかない町の魅力や伝統のすばらしさにスポットをあててくれた。
小布施は1万2千人の人口に対して、120万の観光客が訪れるそうです。
地方都市の地盤沈下が進んでますが、全国の地方都市に通低する活性化のヒントがこの町にはあるような気がします。
OI000082123.jpg
酒蔵には手盃所があって、いろんな銘柄を試飲できます。
朝からさっそくいただきますw
OI000081123.jpg
おっと小布施といえば栗ですね。
名物のモンブランをいただきます。
砂糖は入ってないのかな?
栗の自然な甘さがたっぷりで美味しかった。
OI000083123.jpg
〆は善光寺です。
日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺聖の勧進や出開帳などによって、
江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになったお寺です。
寒くてそそくさと退散しましたが、極楽浄土への切符は手にしましたw
20180416_133146.jpg



記事が面白かったら応援クリックお願いします(^^)
為替・FXランキング

デイトレ配信とトレードの個別指導希望ならこちらのブログでご案内しております



金融・投資ランキング

株式ランキング

為替・FXランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報(アフィリなし)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 過去記事 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。