中国人の衛生感覚は、日本人とは根本的に異なるのではあるまいか。2014年のマクドナルド腐敗肉問題のニュースから感じた疑問を解くため、同年8月、私は上海の寿司屋で働いてみることにした。生魚という鮮度と清潔さが何より重要な食品を、一体どのように調理しているのか。それを厨房の内側から観察すれば、中国人の食の安全に対する意識がリアルに分かるに違いないと考えたのだ。

ネットの求人サイトで「日本料理店」「寿司」などと検索ワードを打ち込んでみると、思った以上に多数の案件がヒット。住所を頼りに3〜4軒の店舗を見に行き、その中でもっとも大きく客の回転が良さそうなところに電話を掛けてみた。中年男性が出たので働きたいと申し出ると、いきなり、「では明日面接に来なさい。履歴書はこっちで書けばいいから」と言われた。

日本では2〜3日ぐらい間を空けてから日時をセッティングしそうなものだが、中国社会は実にスピーディーにものごとが進む。これ、日本人も見習った方がいいんじゃないかと思う。日本だと急すぎるアポは失礼だという風潮があるけれど、それは心理的な抵抗感でしかないのかもしれない。思い立ったが吉日的にドンドンものごとを進める中国人は、合理的な人々である。

中国人の奇妙な衛生感覚

眼鏡をかけた先輩コックの横に並んで一緒にサラダを量産していたところ、ギョッとするような光景を目撃した。先輩はスプーンを使って手際よく缶詰のコーンを盛りつけていたのだが、手が滑ってスプーンを床に落っことした。だが、床から拾い上げるとスプーンの裏と表を一瞬じっと見つめ、汚れがないことを確認すると、そのまま缶の中に戻して使い続けたのだ。

中国で生活しているとしばしば感じることだが、この国の人々は「視覚的に汚れが見えない状態」であれば問題ないと判断する傾向があるようだ。床に落ちても、目で見て汚れていなければ、洗う必要はないという感覚なのだ。目で確認する暇があったら、水道で洗った方が良いと思うのだが……。目視点検するだけマシというべきか。

カウンターの作業台にはステンレストレーが置かれ、その中にはマグロとサーモンの切り身が並べられていた。だが、常に常温で放置しているためマグロは赤黒く変色し、サーモンは色がくすんでグニャリとしていた。店内はエアコンが効いているとはいえ、生ものを置いておけるような温度ではない。

先輩に「これ、冷蔵庫に入れなくていいんですか?」と聞いたら、「本当は下に氷を敷いた方がいいんだけどね……」と言いながら少々バツが悪そうに冷蔵庫にしまったが、30分も経つと完全に元通りになっていた。


https://toyokeizai.net/articles/-/218394?page=3

45679798.jpg

中国の寿司屋に潜入してみたら衛生観念がやばかったという話で、
まあ、世界一清潔好きの日本人からしたら到底理解できないだろう。
どこかの五つ星高級ホテルでトイレのブラシでグラスを洗っていたとかのトンデモニュースもありましたが、
その程度は日常茶飯事ですw
都市部の飲食店などで働く従業員は内陸部のど田舎出身者が多くて、
水洗トイレなどを見るのも初めてくらいの認識です。
なので、テーブルを拭くのも、キッチンを拭くのも、トイレの便座を拭くのも、
全て1枚の同じ雑巾で行ってしまうとか“フツー”なんですよね。
トイレ事情はもっとも深刻で、日本のハイテクトイレとはかなり様相が違います。
中国の古めの公衆トイレは、水が常に流れている1本の溝の上に、
複数の仕切りで個室を作ってあり、その溝に排泄する仕組みになっています。
つまり他人の排せつ物がいつ眼下に流れてくるかわからない状態なわけです。
これはこれで効率よく清潔を保てるわけですが、「音姫」まである日本とは価値観が大きく異なりますw
とはいえ、2015年からの「トイレ革命」なる国家プロジェクトで急速にトイレが進化してるようで、
私が上海に旅行したときはそれほどひどい光景に遭遇しませんでしたが、
経済規模に民度が追いついてなくてまだまだこれからの国ですね。


日記・雑談ランキング
スポンサーサイト