サッカー日本代表は現地時間2日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のラウンド16でベルギー代表と対戦し、2−3で敗れた。日本は後半3分に原口元気、7分に乾貴士のゴールで2点をリードするも、後半24分、29分と立て続けに失点。アディショナルタイムの49分にカウンターからナセル・シャドリに決められて逆転負けを喫した。

 試合後、本田圭佑は「自分がみんなをもう1個上のステージに連れていってあげたかった」と悔しさをにじませながらも、「ベルギーも勝利に値する戦いをしたし、僕らも最後まで自分たちの持っている最高のプレーに近いものを出せたとも思う」と振り返った。

(この大会を持って代表引退?)それは現役のところとリンクしてくると思うんですけれど、4年後は見れない。それははっきりと言える。今、言えることはそれだけです。


 あと、しっかりと伝えたいのは、まず仲間に感謝しているということです。本当に楽しかったし、6月13日の誕生日にみんなに祝ってもらって、その時にちょっとだけしゃべらせてもらったんですけれど、このW杯が終わった後に人生が終わるとしたら、どういう決断をしていくか。そのくらいのつもりで、終わるとしたらどれくらいの覚悟で、どういう意思決定で、どういうふうに取り組んで、どういう会話をみんなとしていくか、というつもりでこのW杯を過ごした、ということをみんなに話させてもらった。可能な限り、やれるだけやったつもりで、本当に選手のみんなが好きになったし、こんなに好きになれると思わなかったくらい好きになったんですよね。だからそういうふうな感じで今後も人生を歩めると、いろいろな人を好きなれるかなと思うくらいでした。


https://russia2018.yahoo.co.jp/column/detail/201807020007-spnavi/?p=1
465798792222.jpg


リアルタイムで観戦してましたが、今大会のベストマッチと言っていいほどの最高にエキサイティングな試合でした。
前のブログで今回の代表チームのかつてないほどの雰囲気の良さ、監督とチームメイトの一体感について書きましたが、試合後の本田選手のインタビューで納得しましたね。

本当に選手のみんなが好きになったし、こんなに好きになれると思わなかったくらい好きになったんですよね

2点先行した時点でブラジル戦を確信したけど、あと少しの運と実力が足りなかったね。
でも、最高に素晴らしい試合でした。
日本代表には心からありがとうと言いたい。
希望のバトンは、若手選手へ、そして未来のサッカー選手となる少年たちに受け継がれるだろう。


*当ブログはスマホ版画面よりもPC版画面のほうがきれいに表示されます。
ご覧いただける情報量も多いです。

私の日々のトレード記録ブログはこちら↓
FX・日経225先物・バイナリーオプションの売買シグナル配信ブログ

先物・オプションランキング

仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト